BLOG

ブログ

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.54】家族ぐるみ

日本で家族ぐるみのお付き合いって 学生時代からの親友とか、それなりに近しい関係でないとなかなか難しい。 互いの家が離れているという都会ならではの事情もあると思うけど、家族ぐるみのお付き合い、日本でもっとあってもいいのになぁと思う。 ヨーロッパでは、少し親しくなったら、 次のステップは、家族を紹介し合う。 自...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.53】家族関係

先日、海外のネットニュースを見ていたら 「日本人にとって最大の親孝行は孫の顔を見せること」 というタイトルの記事があった。 日本人は、成人してから結婚するまで親とは疎遠だけれど 子供が生まれると実家に帰る機会が多くなるから 親は「早く孫の顔を見せて」と子にせがむのだ。 なんて事が書いてあった。 ヨーロッパで...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.52】バレンタインデー

バレンタインデー、みなさまチョコレートお買いになりました?? 自分へのご褒美チョコ、友チョコ、感謝チョコ 家族に贈るファミチョコなどなど 最近では色々あるみたいねぇ。 「好きな人」の解釈をそれだけ広げてきたからでしょう。 推計市場規模は1260億円なんだって、すごいよね。 ベルギーでは男性が愛する人にプレゼ...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.51】あなたのお年は?

日本って、どうして人の年齢が気になるんでしょうかね? 実際「おいくつ?」なんて聞かれる事はないのに 昔聞いていた音楽、観ていたテレビ番組、 社会的事件の見聞、大学などの学歴… 巧みな話術を使って、様々な情報から相手の年齢を推測するという 日本独特(かな?)な風習がある。 これって、何でなんでしょうね? 昨年...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.50】いつでも遊びに来てください

「お近くにお越しの際は、是非」 年賀状などでもよく見るフレーズだけれど 実際に「近くまで来たから行ってみた」 という方いらっしゃいますぅ? それなりに段取りを踏まないと いきなりピンポーン♪はなかなか難しい感じがしますが 外国人からしてみると 「いつでもWelcomeよ」と言ってくれたので 素直に、行ってい...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.49】男女の友情

「男と女の友情ってありえると思う?」 電車の中で若い女の子たちがそんな話をしていた。 今の世代はもっとドライだと思っていたから、ちょっと驚いた。 若かりし頃、友達とよく友情あり!無理無理なんて話をしていたなぁ。 あれから数十年、そんな話をしていたことすら忘れていたわ。懐かしい。 男女の友情、ありかなしか… ...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.48】裸のお付き合い

温泉っていいよねー。 特に寒い季節の露天風呂が私は大好き。 でも実は、温泉や銭湯に行くようになったのは、 風呂好きの旦那さんと結婚してから。 それまでは、苦手だった。 まず、人前で裸になるところから神経を使う。 タオルを使ってアチコチ隠したりして、 一人でアクロバットしながら服を脱いでた。 スパッと服を脱い...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.47】ハーフは得?

「ハーフって得だよねー」 「ハーフで羨ましい」 これまで何十回、何百回と言われてきた言葉なんだけれど どうお答えしていいものやら、いつも困る 「そうでもないですよー」 と言ったら、「またまた謙遜しちゃって」と思われるし 「メチャメチャ得してまーす!」と答えたら どんドン引きされるだろう。 二つの文化に触れら...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.46】通話お断り

唐突な質問です どうして電車の中で携帯電話で通話してはいけないのでしょうか? ヨーロッパでは電車の中でもレストランでも(最近は怒られるらしいが) どこでも遠慮なく、大きな声でみなさまガンガン話をしています。 本当にやかましい時もあるので 勘弁してくださいと 私も思う時があるんだけど 一切禁止 というのもどう...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.45】劣化

この間カフェで隣に座っていた 大学生らしき女の子が 「もう若くないから」 と言っているのを聞いて 椅子から落ちそうになった。 とにかく若い方がいい 若く見えた方が勝ち それがどんどんエスカレートしているような気がする 年齢を重ねて以前より老けてしまったことを 「劣化」と表現したりもするらしい 冗談じゃない ...