BLOG

ブログ

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.58】選挙カー

選挙が近くなりました。 うちの近所でも、駅前で街頭演説したり、 熱心に選挙カーが走り回っています。 が、あの選挙カー 本当に有効性があるのかしら? と思ってしまう。 選挙カーでは、名前を連呼することしか認められていないから、少しでも印象に残そうと ラップっぽいテンポで名前を繰り返したり 音楽に合わせて名前を...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.57】空気を読む

交渉の場に通訳として参加することがあるのだけれど 日本人特有の「空気を読む」 あるいは「空気を読ませる」 あの感じ… なかなか厄介モノなのです。 当然ながらその「空気」は 言葉にしていないわけだから訳せないし 実際に言葉にしている事が 「空気」で伝えようとしていることと ちょっとずれていたりする。 通訳は話...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.56】ママさんたちへのお願い

Vol.11でも自転車の話をしたけれど ママチャリは、犬の散歩をする者にとってとても怖い存在です。 狭い歩道を全速力で走ったり、前や後ろにいる子供と話をしていて、前方への注意が散漫だったりするから、本当におっかない。 徐々に自転車用道路が整備されているようだし、車道を走る自転車も増えてきたけれど 見ていると...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.55】あれから8年

ニュースから流れる映像が現実なのか何なのか、見えているものの意味を理解しきれないのに、体の震えが止まらない。 (日常がなくなった…) 末恐ろしい感覚だったのをはっきり覚えている。 あれから8年 東京ではすっかり日常が戻ってきた。 それがどれだけ幸せなことか まだまだ日常を取り戻せていない方々も沢山いると思う...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.54】家族ぐるみ

日本で家族ぐるみのお付き合いって 学生時代からの親友とか、それなりに近しい関係でないとなかなか難しい。 互いの家が離れているという都会ならではの事情もあると思うけど、家族ぐるみのお付き合い、日本でもっとあってもいいのになぁと思う。 ヨーロッパでは、少し親しくなったら、 次のステップは、家族を紹介し合う。 自...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.53】家族関係

先日、海外のネットニュースを見ていたら 「日本人にとって最大の親孝行は孫の顔を見せること」 というタイトルの記事があった。 日本人は、成人してから結婚するまで親とは疎遠だけれど 子供が生まれると実家に帰る機会が多くなるから 親は「早く孫の顔を見せて」と子にせがむのだ。 なんて事が書いてあった。 ヨーロッパで...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.52】バレンタインデー

バレンタインデー、みなさまチョコレートお買いになりました?? 自分へのご褒美チョコ、友チョコ、感謝チョコ 家族に贈るファミチョコなどなど 最近では色々あるみたいねぇ。 「好きな人」の解釈をそれだけ広げてきたからでしょう。 推計市場規模は1260億円なんだって、すごいよね。 ベルギーでは男性が愛する人にプレゼ...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.51】あなたのお年は?

日本って、どうして人の年齢が気になるんでしょうかね? 実際「おいくつ?」なんて聞かれる事はないのに 昔聞いていた音楽、観ていたテレビ番組、 社会的事件の見聞、大学などの学歴… 巧みな話術を使って、様々な情報から相手の年齢を推測するという 日本独特(かな?)な風習がある。 これって、何でなんでしょうね? 昨年...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.50】いつでも遊びに来てください

「お近くにお越しの際は、是非」 年賀状などでもよく見るフレーズだけれど 実際に「近くまで来たから行ってみた」 という方いらっしゃいますぅ? それなりに段取りを踏まないと いきなりピンポーン♪はなかなか難しい感じがしますが 外国人からしてみると 「いつでもWelcomeよ」と言ってくれたので 素直に、行ってい...

パスカルno小言

【パスカルno小言 Vol.49】男女の友情

「男と女の友情ってありえると思う?」 電車の中で若い女の子たちがそんな話をしていた。 今の世代はもっとドライだと思っていたから、ちょっと驚いた。 若かりし頃、友達とよく友情あり!無理無理なんて話をしていたなぁ。 あれから数十年、そんな話をしていたことすら忘れていたわ。懐かしい。 男女の友情、ありかなしか… ...